みかこクリニックの『シミ治療』

みかこクリニックの『シミ取り放題』は
『ピコシュア』 × 『Qスイッチルビーレーザー』


お一人おひとりのお肌の状態に合わせて
2種のレーザー機器を使い分けます

まずは VISIAでの分析をもとにカウンセリングから
院長が責任をもってお付き合いさせていただきます


 『シミ取り放題』(全顔)


みかこクリニック流の『シミ取り放題』は
『Qスイッチルビーレーザー』×『ピコシュア』

シミの状態と患者様のご要望に合わせて
2機種のレーザーを使い分けることで
最大の効果と満足度を目指していきます。


みかこクリニックの「シミ取り放題」は、当初はピコシュアのみで行っていました。話題のピコレーザー『ピコシュア』だけあって、大変ご好評いただいていましたが、さらにシミ治療の幅を拡げるために、ピコに加えて『Qスイッチルビーレーザー』も導入しました。これによって、シミ取り治療に選択肢が増えました。

「Qスイッチルビーレーザー」は、私が前職の木沢記念病院で10年間使用してきた機種と同機種です。シミ取りに用いられるQスイッチ付きレーザーは、アレキサンドライトレーザー、ヤグレーザー、ルビーレーザーの3機種が主に用いられています。私はアレキサンドライトレーザーとルビーレーザーの2機種の使用経験しかありませんが、この2機種中では、ルビーレーザーの方が好みです。「非常に切れがよい=シミがしっかりとれると感じる」のがその理由です。結果が良いことから、前職でも患者様に人気の施術でしたが、薄いシミや色素沈着が出やすそうなお肌の方のシミを取るときには、ピコレーザーがあればなぁ…と感じながら施術を行っていました。ところが、みかこクリニックを開院してピコレーザーを使い始めると、その性能のすばらしさに感動しながらも、逆に「このシミの場合はQスイッチレーザーの方がいいな」と感じる場面が出てきました。そのため、急遽、Qスイッチルビーレーザーを導入することにしたというわけです。現在のみかこクリニックでは、「Qスイッチ付きレーザー」と「ピコ秒レーザー」の2機種がそろったことで、シミの状態に応じた治療が可能になっており、施術を提供させていただく私としても、とても嬉しい限りです。


では、2機種をどのように使い分けるのか。

その説明をする前に、両者の違いを明らかにする必要があります。

「Qスイッチレーザー」と「ピコ秒レーザー」との違いを表にまとめました。


ピコ秒レーザーにも色々な機種があり、性能も様々ですので、上の表はあくまでサイノシュアー社の『ピコシュア』とMMニーク社の『Qスイッチルビーレーザー』を私が使用してみて感じた違いをまとめた表です。

ピコシュアについてさらに詳しくは
  >>>「ピコシュアのご紹介」

これらの違いを踏まえ、「どちらのレーザーが優れている!」という勧め方をするのではなく、シミの状態と患者様のダウンタイムの許容度、そしてご予算によってレーザーを使い分けることにしたいと思います。そこで、両レーザーの違いを考慮して、みかこクリニックでは以下の3つの施術プラン(照射プラン)を設定することにしました。ちなみに、ピコシュアによる施術が高額なのは、本体価格がQスイッチ付きルビーレーザーの2倍以上すること、スポット径(レーザー照射の面積)がルビーレーザーの約半分である、つまり照射の手間が倍かかること、シミの性状によっては治療回数が多くなることがその理由です。

【『シミ取り放題』3つのプラン】

(1) Qスイッチルビーレーザー単独
・費用を抑えたい、施術の回数も少なくしたい方
・炎症後色素沈着は許容できる方(または治療する方)
・テープを貼るのも問題ないという方
・施術の見込み回数は1~2回(ほぼ1回)
・1回目:6万円、2回目 : 再診料と材料費のみ
・施術回数は最大2回まで

(2) Qスイッチルビーレーザーとピコシュアとの併用(おまかせコース)
・費用は可能な限り抑えたい、施術回数も少なくしたい方
・炎症後色素沈着は軽い方がよい方
・テープは可能な限り貼りたくないが最小限であれば許容できるという方
・施術の見込み回数は1~2回(ほぼ2回)
・1回目:7万円、2回目:3万円、3回目 : 再診料と材料費のみ
・施術回数は最大3回まで

※(2)の場合、ピコシュア単独では3回以上かかりそうだと思われるシミに対してのみ、Qスイッチルビーレーザーを使用し、それ以外のシミは可能な限りピコシュアを使用します。ピコシュアのみでも2回以内で終了しそうだと判断される薄いシミの場合には、ピコシュア単独での施術となっても、(2)の料金となります。若い方のそばかすや薄いシミの場合は、このプランでもピコシュアのみで治療可能です。一方、中高年以上の方のシミや角質の厚いシミがある場合は、初回にQスイッチルビーレーザーを部分的に使用することになります。また、必要がある場合にはフォトナのエルビウムヤグレーザーも併用します。

(3) ピコシュア単独での施術
・費用は許容できる、施術回数は多くてもよいという方
・炎症後色素沈着を可能な限り出したくない方
・テープは絶対に貼れないという方
・施術の見込み回数は3回(角質の厚いシミが多い方の場合)
・1回目:8万円、2回目:7万円、3回目 : 再診料のみ
・施術回数は最大3回まで

施術料金が分かりにくいと思いますので、表にまとめてみます。
(金額はすべて税別です。)

【シミ取り放題の3プラン料金表】
(2020年4月からの料金です)

※上記の料金はいずれも全顔のシミの取り放題の料金(税抜)です
(部分的なシミ取り「スポット照射」もあります(下記))。
※照射と照射の間隔は4~6か月が目安です。
※いずれのコースもトーニングとフラクショナルを追加可能です(下記)。
※再診料には、VISIA撮影料とハイドロキノン処方料が含まれます。
※照射後に貼る保護テープの材料代がかかる場合があります。
※ADM(後天性真皮メラノサイトーシス[遅発性両側性太田母斑])、茶アザ(扁平母斑)と診断された場合は、別途、追加料金がかかります。
※2020年3月までに1回目の施術を行った方には旧料金表が適用されます。

 

以上のように、みかこクリニックの『シミ取り放題』には選択肢がありますので、ご予算に合わせてプランを選んでいただけます。また、ピコシュア単独であっても、2回で終了できると私が診断した場合には、もし3回目の照射が必要となっても、再診料以外は頂きません。ということは、私(院長)にとっては、これまでよりも、より正確な診断と治療経過の見極めが必要となるわけですが、私が責任をもって経過を見させて頂きます。より詳細な経過観察を行うことで、私自身の眼力アップにもつながり、ひいては患者様に、より質の高いシミ取り治療をお届けできるようになると考えています。


ちなみに、私のイチ推しは、
『ピコシュア+Qスイッチルビーレーザー(おまかせコース)』です!

これに、下記の「トーニング」+「フラクショナル」の追加もおススメです。



みかこクリニックのシミ取り治療は、「可能な限り少ない回数で、しかも色素沈着も可能な限り抑えつつ、よい結果を出すこと」を追求したいと考えています。ただし、美しい肌にたどり着くためには、レーザー治療だけでなく、その後のアフターケアや日頃のスキンケアも、レーザー治療と同等に重要であることを強調しておきたいと思います。みかこクリニックは、レーザー治療だけして終わりというクリニックではありません。ご納得のいく『美肌』を実感していただくために、レーザー治療後のアフターケアや日々のスキンケアの方法もご提案しています。それらも含めての美肌治療ですので、シミ取り治療の先にある"美肌への道中”を、少し気長にお付き合いさせていただければと思っています。



 『スポット照射』(部分照射)


『シミ取り放題』は、私の目についたお顔全体のシミを全て除去するという「全顔のシミ取り」プランですが、患者様の中には、「このシミを一つだけ取って欲しいんだけど…」という方もいらっしゃると思います。その場合は、取り放題ではなく『スポット照射』(部分照射)をお選びいただけます。

スポット照射についても、シミの状態や患者様のご要望に合わせて、ピコシュアもしくはQスイッチルビーレーザーを使い分けて施術を行います。

スポット照射の料金の計算方法ですが、

Qスイッチルビーレーザーの場合 
  シミの長径(mm)×1000円

ピコシュアレーザーの場合 
  シミの長径(mm)×2000円

となります(金額は税別です)。

図解しますと、

スポット照射の場合も、ピコシュア単独では3回以上かかると見込まれる場合には、Qスイッチルビーレーザーの併用をお勧めさせて頂きます。それでもどうしてもピコシュアのみでの施術を希望される場合には、3回目の施術の際に、追加料金として初回の半額の費用を頂戴いたします。

シミの状態に合わせた機種と照射方法については、患者様のご希望に沿った最適なご提案させて頂きますので、まずはご相談いただければと思います。



 『シミ取り放題』+「トーニング」+「フラクショナル」


『シミ取り放題』は、使用する機種によって、上記の3つのプランをご用意していますが、その3つすべてのプランに、ピコシュア『トーニング』ピコシュア『フラクショナル』を追加して施術を受けていただくことができます。

『シミ取り放題』+『トーニング』+『フラクショナル』のすべてをピコシュアで行う施術については、『ピコシュアフルコース』として既に多くの患者様にご好評いただいていますが、『シミ取り放題』にQスイッチルビーレーザーを使用するプランでも、ピコトーニングとピコフラクショナルを追加することで、ピコシュアフルコースに近い施術を受けていただくことができます。

ここで、ピコシュアのトーニングとピコフラクショナルについて、その効果を簡単におさらいしておきます。

ピコシュア『トーニング』は、ピコレーザーを全顔にまんべんなく照射する方法で、全体の美白やくすみの改善に効果的です。

ピコシュア『ピコフラクショナル』は、ピコレーザーをフラクショナル状(断片上)に照射できる特殊なレンズを使用して、高エネルギー照射の部分と低エネルギー照射の部分を作り出し、ダウンタイムを少なく真皮の若返りを起こして小じわ・ハリ・毛穴の改善に効果的な施術です。





ピコシュアについて詳しくはこちら
 >>> 「ピコシュアのご紹介」


ピコトーニングとピコフラクショナルを追加した場合の料金についてですが、基本的には、「シミ取り放題」の3つすべてのプランで、1回目はプラス2万円でピコトーニングとピコフラクショナルを追加できます。本来は、ピコトーニングは単独で3万円、ピコフラクショナルは単独で3.5万円、ピコトーニングとピコフラクショナルのセット料金では4.5万円ですので、かなりお得だと思います。せっかくなので、美白もお肌のハリや毛穴の改善も狙っていってはいかがでしょうか。とてもおススメの施術メニューだと思っています。


追加の場合の施術料金を表でまとめてみます。

『シミ取り放題』の3つのプラン(上記)
①Qスイッチルビーレーザー単独
②Qスイッチルビーレーザー+ピコシュアの併用(お任せコース)
③ピコシュア単独

上記の①~③に、
ピコトーニングとピコフラクショナルを追加した場合の料金
が以下の表になります。

なお、ピコトーニングとピコフラクショナルを追加された場合には、パックによるクーリングの後に『エレクトロポレーション』によるクーリングの施術もセットで含まれています。

料金についてはわかりにくいかもしれませんが、診察の時にきちんとご説明いたします。お一人おひとりのお肌の状態とご要望に合わせた最適な治療をご提案していますので、ご安心ください。



 ピコシュアなら色素沈着が軽度


30代の患者様の施術経過をご紹介します。

左の目尻からやや外側にあるシミですが、とても『薄いタイプ』のシミです。

Qスイッチルビーレーザーでも、パワーを上げれば反応して取れそうですが、そこで問題になるのが、シミが取れた後に出てくる『炎症後色素沈着』です。みかこクリニックのホームページでも、シミ取り治療と炎症後色素沈着との関係については詳しくご説明していますが、こういうシミこそ、ピコレーザーである『ピコシュア』の出番です。

こちらの患者様には、ピコシュアを中程度(私基準)のパワーで照射しました。

下の写真はその照射後の経過写真です。


驚くのは、照射7日目の再診でしっかりとシミが取れているだけでなく、赤みが殆ど出ていないことです。どこにシミがあったのか、一見して分からないレベルです。通常、シミ取り後の炎症後色素沈着は施術後1〜2か月して出てくるので、この患者様の状態がその後どうなるのか経過を見せて頂いたのですが、7週目の時点でも色素沈着は肉眼レベルでは全く出ていません。


肉眼レベルでは認識できませんが、照射7週の時点の状態をVISIAの紫外線モードで見ると、実は薄っすらとした色素沈着は出ています。でも、非常に軽いので、肉眼では気にならないレベルなのです。

どうしてこんなに軽い色素沈着で済んだのか。そのヒントは炎症にあると思い、VISIAの赤みモードでも観察してみました。すると、照射7日目の画像で、殆ど赤みが出ていないことが分かりました。これは炎症が殆ど起きなかったということを示していると思います。


ピコレーザーで炎症が軽い理由は、メラニン色素を破壊する主な機序が、温熱作用ではなく、音響効果(衝撃波)によるところが大きいからだそうです(詳しくは⇒こちらをご覧ください)。音響効果というのは、言い換えると『衝撃波』とも言えますが、物理的な力でシミの原因であるメラニンが破壊され、熱作用が非常に少ない分、熱によるダメージが少ないのだそうです。

使い方次第で、素晴らしい結果が出せるピコシュア。特に薄いシミで威力を発揮すると感じます。改めて、ピコシュアやっぱりやるなぁと思いました。


 Qスイッチルビーレーザーでの色素沈着


前項では、ピコシュアによる「薄いシミ」の治療についてご説明しました。

それとの比較で、私の顔のシミにQスイッチルビーレーザーを照射した時の経過写真をご紹介します。私のシミも「薄いタイプ」のシミでしたので、経過の違いを比較するにはいい写真だと思います。

下の写真をご覧ください。
頬のシミ、3か所にQスイッチルビーレーザーを照射しました。

分かりにくいので、照射した部分を赤丸で囲みました。一番の右の写真、照射から2カ月目には、炎症後色素沈着が出ていることが分かります。


炎症後色素沈着が出るかどうかは、
①肌質、②レーザーの出力、③経過 
この3つの要素で決まると思います。

まず、①肌質について、私の肌質は、色素沈着が出にくいタイプの肌質に分類されるはずなのですが、しっかりと色素沈着が出ています。出にくいと言われるタイプの肌質でも、実際はレーザーを照射してみないと、出るかどうかは分かりません。

②レーザーの出力については、必要以上に出力が高すぎても、炎症後色素沈着が出ると言われています。Qスイッチレーザーでのシミ取りは、照射直後に白くなる現象=IWPが起きる出力が望ましいと言われています。下の写真はIWPの一例です。

私の場合は、照射直後に、IWPは起きていて、なおかつ表皮が保たれているので、強すぎず弱すぎずの適切な出力だったと思います。

そして、③経過についてですが、かさぶたが途中で剥けてしまったり、テープ保護が早く取れすぎて傷になってしまったり、また紫外線を浴びたりすると、炎症がその分強く起きて、色素沈着も強く起きてしまいます。私の場合は特に問題なく経過しました。つまり、色素沈着が特に出やすい肌質でもなく、出力が適切で、経過に問題が無くても、炎症後色素沈着は出ているのです。

前項の患者様(ピコシュア)と私(Qスイッチルビーレーザー)の場合を、同じ7日目の状態で比較してみます。

並べて見ると、赤みの出方が違うことが分かります(もちろん、別の人間で比較しても肌質が違うわけですので、厳密な比較にはなりませんが、参考にはできると思います)。

今後はまた時間を見つけて、ZO SKINでも取り切れなかった自分の肌の「薄いシミ」にピコシュアを照射して、Qスイッチルビーレーザーとの経過の違いを比較してみたいと思っています。おそらく確かめるまでもなく、ピコシュアのほうが経過はよいだろうと思っています。

『薄いシミ』には、ピコレーザーがよいなと改めて思いました。しかし、何度も書きましたように、「角質の厚いタイプのシミ」にはなんといってもQスイッチルビーレーザーは優れています。両方のレーザーを使うようになって、改めてそれぞれのマシンの良さを再認識できましたので、今後も2機種のレーザーを駆使して、シミ取り治療を極めていきたいと思います。

本当に奥が深いんです、シミ取り治療は。



 ピコシュア(施術の実例)


次にご紹介させていただく患者様(Y様)は、私の前の職場である木沢記念病院時代から長い長いお付き合いのある方で、遠方から定期的に通ってくださっていました。みかこクリニックを一宮市で開院してからは、さらに遠くなってしまったのですが、ありがたいことに通院を続けてくださっています。

Y様の治療歴ですが、木沢記念病院時代は、定期的にフォトRFを行っていました。気になる小さなシミはあるものの、色素沈着が非常に出やすい肌質ということが分かっていたので、当時はQスイッチルビーレーザーの照射に踏み切ることはありませんでした。

ですが、みかこクリニックにピコレーザー「ピコシュア」があります。

そこで今回、思い切って、点在するシミにレーザー照射を行わせて頂くことになりました。


ピコフルコース後1か月のVISIA撮影では、全体的に色が黒くなったように見えますが、スポットのシミは綺麗に取れています。これまで気になっていたシミが一気に取れたうえに、肌の調子もとても良くなったそうで、Y様はピコシュアを大絶賛してくださり、2回目のピコトーニングとピコフラクショナルを追加で照射されました。その照射から2か月後の状態が、一番右の写真です。スポット照射からは3か月後になります。ところどころ、スポット照射の色素沈着が出ていますが、Y様のお肌質でこの程度の色素沈着で済んだことに安堵しました。ピコレーザーは色素沈着が出にくいと言われていますが、全く出ないわけではありません。色素沈着が出たとしても非常に軽いのが特徴です。Y様の場合も、Qスイッチレーザーを照射していたら、こんな軽い色素沈着では済まなかったと思います。色素沈着が部分的に出ているものの、全体的には美白効果がとても大きく、これにはY様も私も驚きました。全体的に白くなっているのは、ピコトーニングとピコフラクショナル照射の効果です。

ちなみに、Y様は愛用の化粧品が別にあり、クリニックでの化粧品類は一切購入されていません。したがって、ハイドロキノンも使用していません。レーザー治療と外用治療は「車の両輪」だと思っていますが、Y様のようにレーザー治療だけでも顕著な改善をみることが可能です(もちろん、併用して頂くとさらに良いとは思います)。

Y様によると、「ピコフルコース後のお肌のハリがとにかくすごかった!」とのこと。

そこで、VISIAでシワの変化を見てみると、


シワの数値も大きく改善していることが分かります。
お肌にハリが出たり、毛穴が閉まるのは、ピコフラクショナルの効果です。

Y様には総合的にとても満足して頂けて、私もとても嬉しかったです。今後、色素沈着が消えるとさらに綺麗になります。また、今後もピコトーニングとピコフラクショナルを定期的に継続して頂く予定ですので、さらに美白に、さらに美肌になられていくと思います。

やっぱりやるなぁ、ピコシュア! 
と改めて思ったY様の治療経過でした。



 光治療器『アイコン』によるシミ治療


『シミ取り放題』や『スポット照射』では、ピコシュアやQスイッチルビーレーザーによるシミ取りを中心にご紹介してきましたが、みかこクリニックの光治療器『アイコン』もとても優れた医療機器ですので、シミ治療の有力な選択肢のひとつとなります。

『アイコン』による治療は、
 ・シミの数がとても多い方
 ・そばかすの多い方
 ・施術の費用を抑えたい方 など
にお勧めしたい施術メニューです。

アイコンの料金は以下の通りです。
エレクトロポレーション(ショートコース5,000円相当)付きです。

 両頬+鼻  20,000円
  全顔   25,000円

アイコンは、月に1回の施術を3~5回行っていただくことを治療のワンクールと考えています。その後は3~6か月毎にメンテナンス照射をお勧めします。ですので、例えばそばかすが気になる方で両頬+鼻のみの照射で良いという方は、月1回の照射を計3回行うと合計で6万円の費用となります。3回のアイコン照射でピコレーザーと同じ結果が出せるわけではありませんが、アイコンは光治療器の中でもかなり効果が高い機種ですので、3回も行っていただければ、そばかすは相当薄く目立たなくなっています。結果として、ピコレーザーよりはかなり予算を抑えられることになります。まずはアイコンで全体的にお肌を綺麗にしておいて、金銭的に余裕ができた時や、さらに綺麗にしたいという気持ちが出てきたときに、ピコレーザーを行うのもよいのではないかと思います。

また、ピコレーザーやQスイッチでシミを一掃して美肌を手に入れたあとも、予備軍として控えている隠れシミが出てこないように、メンテナンスとしてのアイコン照射を定期的に行われことも、アイコンのお勧めの活用法です。

アイコンによる施術の症例写真はこちらです。
 >>>  「アイコン(Icon)でのシミ治療」



 肌診断画像装置『VISIA』で経過観察


みかこクリニックは、患者様のお肌の状態にとことん向き合います。
肌診断画像装置『VISIA』での撮影・分析によって得られた客観的なデータと長年の経験を総合して、お一人おひとりのお肌(シミ)の状態とご要望にあわせた最適な治療法を、私(院長)が責任をもってご提案いたします。


 ご予約/お問い合わせ


思い立ったらお気軽にお問い合わせください。
当日のご予約も大歓迎です。

みかこクリニック
0586-82-7744

一宮駅の東口から徒歩1分。
名古屋駅・岐阜駅からも快速で約10分です。
詳しいアクセスは、>>>こちらをご覧ください。