外陰部のホワイトニング ~黒ずみの悩みに~

当クリニックでは『美容婦人科治療』に力を入れています
院長もスタッフも全員女性です
ご相談しやすい雰囲気づくりを心がけています

 


 『外陰部のホワイトニング』とは


小陰唇や大陰唇の黒ずみを気にされる方は意外と多くいらっしゃいます。
みかこクリニックでは『美容婦人科治療』にも力を入れていますが、いくつかある美容婦人科治療の施術に合わせて、外陰部の黒ずみのホワイトニング治療を希望される患者様が多くいらっしゃいます。

『外陰部のホワイトニング』では、小陰唇や大陰唇の黒ずみを改善していきます。

みかこクリニックでは、外陰部の黒ずみを改善する手段として、

 ①フォトナのホワイトニング照射

 ②外用療法

の2つの治療方法をご提案しています。


 当院での『ホワイトニング』治療


みかこクリニックでは、外陰部の黒ずみを改善する手段として、

 ①フォトナのホワイトニング照射 
 ②外用療法

の2つの治療方法をご提案しています。


①フォトナのホワイトニング照射

小陰唇は、「フォトナ」のエルビウムヤグレーザーを、粘膜が一枚「むける」まで照射します。照射終了後は一皮めくれた擦り傷の状態になりますので、薄い出血が2~3日続きます。新しい皮膚が再生するまで、約7日ほど要します。照射後、4~5日は痛みが続きますのでワセリンを多めに塗布してしのぎます。痛みに強い方は、麻酔はクリーム麻酔のみでも施術可能ですが、局所麻酔の注射をお勧めします。1か月間隔で1~2回の施術が推奨です。

大陰唇は、皮膚が赤くなるレベルまでエルビウムヤグレーザー照射を行います。照射後の痛みはほとんどなく、4~5日で薄い皮がむけます。大陰唇はクリーム麻酔のみで施術可能です。大陰唇は2~3週間隔で3回の施術が推奨です。外用治療との併用治療をお勧めします。

  

②外用治療


ハイドロキノン、トレチノインを用いた漂白治療を行います。
大陰唇とその周囲のみ治療が可能です。
レーザー照射と『シスペラ』の併用メニューもあります。


 部位別の治療方法


部位別に治療方法をあげますと

(1)小陰唇のホワイトニング
    フォトナ「ホワイトニング照射」/ 小陰唇縮小術

(2)大陰唇とその周囲のホワイトニング
    フォトナ「ホワイトニング照射」+ 外用治療

となります。

  

【院長の個人的なお勧めの方法】

【小陰唇のホワイトニング】
(1)小陰唇のサイズが大きいと感じている方

小陰唇のサイズが大きいと感じている方は、小陰唇縮小術を行って小陰唇の黒ずみ部分を切除してしまうのが最も効率が良いと思います。その手術の際、大陰唇には初回のホワイトニング照射を同時に行うことも可能です(割引があります)。大陰唇は外用治療のみで治療を行っていくことも可能ですが、レーザー治療を併用した方が改善が早いです。大陰唇へのホワイトニング照射は2~3週間おきに3回の施術が推奨されています。

(2)小陰唇のサイズは気にしていない方
小陰唇の色調を外用治療で改善させることは難しいので、フォトナのエルビウムヤグレーザーの照射(ホワイトニング照射)をお勧めします。施術後の痛みはありますが、効果は大きいです。大陰唇は外用治療のみで治療を行っていくことも可能ですが、レーザー治療を併用した方が改善が早いです。大陰唇へのホワイトニング照射は2~3週間おきに3回の施術が推奨されています。

【大陰唇のホワイトニング】
①レーザー照射のみによる治療、②レーザー照射に加えて美白剤『シスペラ』を併用する治療があり、どちらも良い治療でお勧めです(詳しく下記の『大陰唇には「シスペラ」併用も』の項目をご覧ください)。

 


 実際の流れ(モニター例)


以下では、あるモニター患者様の実際の施術の流れ(一例)をご紹介します。

【施術の麻酔について】
小陰唇・大陰唇ともにクリーム麻酔で施行しました。大陰唇はクリーム麻酔で施術が可能ですが、小陰唇は大陰唇より強いパワーで照射するので、通常は局所麻酔が必要です。実際、クリーム麻酔のみではかなり痛いようですので、局所麻酔での施術をお勧めします。 

【施術後の経過】
小陰唇は出血がうっすっらと滲むレベルまでレーザーを照射するため、当日から翌日にかけて、薄い出血が続きますので、生理用品が必要です。痛み対策として、ワセリン塗布してラップを貼って過ごすと楽です。私(院長)も、施術後3日間は小さなラップを患部にあてて過ごしました。トイレではウオッシュレットを使用し、軽く拭いたら小さなラップにワセリンを塗って患部に当てました。4日目からラップなしで過ごしましたが、乾燥してナプキンに患部がひっついてしまうととても痛いので、ワセリンの塗布の継続は必須です。施術当日は痛みが強いので、シャワーは翌日からにしました。

【痛みの経過】
当日:まあまあ痛いので、あまり動きたくない 
2日目:動いた時に少し痛い程度
3日目:排尿時以外は痛みを感じない程度
4日目:ほとんど痛くない
排尿時にしみて痛みがあります。排尿時の痛みは、施術日含めて3日間続きましたが、4日目からほとんど痛みを感じなくなりました。乾燥して下着に固着すると痛いので、治るまではワセリンを塗ることをお勧めします。

【患部の経過】
小陰唇は腫れます。検証するために私自身はハーフサイドで施術したのですが、施術後は、施術しなかった方の2倍ぐらいに腫れました。小陰唇の腫れは1週間は持続したと思います。大陰唇は数日かけて薄い皮が剥けましたが、痛みはほどんど気にならないレベルでした。

【治療効果について】
小陰唇は明らかな改善が見られます。色のトーンが明らかに変わりました。大陰唇は1回では劇的な変化は感じませんでした。これは、大陰唇は下着の締め付けや摩擦など、悪化要因が無くならないと効果を実感しにくいという側面もあると思います。外用治療を併用しながらの、数回の治療が必要だと感じました。



 大陰唇には『シスペラ』併用も


陰部が黒ずむ原因はホルモンの影響もありますが、本来の色以上に黒ずむことの大きな原因は「摩擦」にあります。摩擦によって「色素沈着」が生じて黒くなっていると考えています。その証拠の一例として、小陰唇が片側のみ肥大している方は、ほぼその肥大している側が強く黒ずんでいます。ボリュームが大きいことで下着との間で摩擦が起こり、肥大した側が強く黒ずんでいるわけです(注:黒ずみの原因のひとつが「摩擦」にあるという点は、私の治療経験を基にした私見です。美容外科学会で「小陰唇の黒ずみに関しては摩擦による色素沈着の影響が考えられるが、外陰部の黒ずみが色素沈着であるという医学的な証拠はない」という指摘がありました。確かに、外陰部の黒ずみの原因について医学的に証明がなされている訳ではありませんので、ここに注釈として追記します)。

"粘膜組織″である小陰唇には、レーザーによるホワイトニング治療の効果が割と見込めるのですが、"皮膚"である大陰唇では、その色素沈着をレーザーで治療することは非常に難しいです。通常、色素沈着に対してシミ取りなどで用いるレーザー照射を行えば、色素沈着は悪化してしまいます。では、フォトナのホワイトニングレーザーで一体何をしているかと言えば、『ピーリング』です。シミ取りのようにメラニンを破壊しているわけではないので、真っ白になったりはしません。

色素沈着に対しては、基本は「摩擦」という原因を取り除くこと、そして、色素沈着の元であるメラニンが生成されないような美白剤、外用剤を使用することだと思います。この「原因を取り除く」、というのがなかなか難しいのですが。。

診察の際に、以上のような説明をさせていただくと、外用治療のみを選択される患者様が多いのが現状です。

それでは、レーザーは意味がないのか?
というと、そんなことはありません。

摩擦によって皮膚が分厚くなっていることが多いのですが、レーザーによって皮膚を薄くすると、それだけでも若干黒ずみが薄くなったように見えます。また、多くの方が摩擦により角質が厚くなっていますので、外用薬の浸透が悪いのですが、レーザーで角質を薄くすることで、外用薬の浸透が格段に良くなり、効果が出やすくなります。この2点を考えても、早く改善させたい場合には、レーザーの併用は有効だと思います。

当クリニックでは、美白剤として『シスペラ』をお勧めしていますが、レーザーとの併用でより高い効果を出していただきたいと思い、『シスペラ』+『レーザー治療』のセットメニューを行っています。施術料金も割引していますので、施術料金表のページをご覧ください。



 リスク・の副作用


フォトナの照射によって、痛み、出血、発赤、腫れ、潰瘍形成、色素沈着のリスクがあります。
いずれも外用治療で改善させていきます。

この治療は、国内未承認医薬品または医療機器を用いて施術を行います。
当該医薬品または医療機器は、当クリニック院長の判断に基づいて、個人輸入手続きを行って入手したものです。

個人輸入において注意すべき医薬品等については、こちらのページにて詳しい情報を提供していますのでご覧ください。


 料金/ご予約・お問い合わせ


施術の料金については以下をご覧ください。
継続しやすい割引料金の設定もございます。

 >>> 『施術料金表』

【ご予約・お問い合わせ】
みかこクリニック
0586-82-7744

スタッフは全員女性です。

思い立ったらお気軽にお問い合わせください。
当日のご予約も大歓迎です。