Uタイトニング (尿漏れ治療)

尿漏れ治療にも、フォトナによるレーザー治療が有効です。

尿漏れ治療は、フォトナ『Uタイトニング』照射によって行います。

くしゃみをした拍子や力んだ拍子に尿漏れが起こることを、『腹圧性尿失禁』と言います。腹圧性尿失禁には、骨盤底筋群のトレーニングが非常に重要で効果的ではあるのですが、フォトナによるレーザー治療は、骨盤底筋群のトレーニングのみでは改善が困難な方や、なかなかトレーニングができない方の腹圧性尿失禁の治療の選択肢の一つとなります。

Uタイトニング(膣の引き締め+尿漏れ治療)は、Vタイトニング(膣の引き締め)に、尿道がある膣の前壁をさらに集中的に照射できるモードが加わることで、尿漏れの症状改善が期待できます。



 膣の萎縮も見られる方


尿漏れの症状とともに、膣の萎縮(乾燥)も見られる患者様には、『Uタイトニング』照射の前段階として、マイルドな『レノバレーズ』照射から始められることをお勧めします。

加齢により膣粘膜の萎縮が起こってくると、膣粘膜からの分泌物が減り、潤いが低下します。すると、膣の乾燥感、かゆみ、性交痛などが生じることがあります。フォトナ『レノバレーズ』照射は、レーザー照射により、膣の粘膜を厚くすることを主目的とした照射方法で、VタイトニングやUタイトニングのように膣の緩みやそれに引き続いて起こる尿漏れを改善させることが目的の照射とは異なります。このため、膣の乾燥予防にアンチエイジングレーザーとして予防的に照射を受けられることはもちろんなのですが、ある程度、膣の萎縮が進行している方にも効果的なのでお勧めしています。

「膣の萎縮(乾燥)」と尿漏れや膣のゆるみなどの症状が同時に見られる場合、まず『レノバレーズ』照射で膣粘膜の萎縮を改善してから、『Vタイトニング』や『Uタイトニング』に進むことで、『Vタイトニング』『Uタイトニング』の効果も出やすくなり、安全性も高まります。

膣の乾燥など粘膜の萎縮症状が気になる方は、まず『レノバレーズ』照射を行うことをお勧めします。 


 リスク・副作用


フォトナによる照射によって、軽度の発赤が生じるリスクがあります。
ほとんどの場合は自然に治癒しますが、外用治療等を併用する場合もあります。

この治療は、国内未承認医薬品または医療機器を用いて施術を行います。
当該医薬品または医療機器は、当クリニック院長の判断に基づいて、個人輸入手続きを行って入手したものです。

個人輸入において注意すべき医薬品等については、こちらのページにて詳しい情報を提供していますのでご覧ください。


 料金/ご予約・お問い合わせ


Uタイトニングの施術料金は次の通りです。
(金額は税別です)

※小陰唇縮小術と同時施術で40%OFFになります。

※メンテナンス照射として、Vタイトニングをおすすめします。
 一部看護師施術で、60,000円です。
 6か月ごとのメンテナンス照射が目安になります。

※レノバレーズ照射 
  初回 60,000円   
  2回目以降 50,000円 
  (一部看護師施術です) 

【ご予約・お問い合わせ】
みかこクリニック
0586-82-7744

女性スタッフが対応いたします。

 


 リスク・副作用


 フォトナによる照射によって、軽度の発赤が生じるリスクがあります。
ほとんどの場合は自然に治癒しますが、外用治療等を併用する場合もあります。

この治療は、国内未承認医薬品または医療機器を用いて施術を行います。
当該医薬品または医療機器は、当クリニック院長の判断に基づいて、個人輸入手続きを行って入手したものです。

個人輸入において注意すべき医薬品等については、こちらのページにて詳しい情報を提供していますのでご覧ください。