Vタイトニング (膣の引き締め)

女性器の悩みには、色(色素沈着)、形(大きさや左右差)、ゆるみ、粘膜の乾燥など、様々なものがあります。また、加齢や出産により尿漏れや入浴後に膣からお湯が漏れるといった経験をお持ちの方もいらっしゃると思います。みかこクリニックでは、形態のお悩みは手術で、色やゆるみ、尿漏れなどの症状にはレーザーで対応が可能です。全て女性スタッフで対応し女性特有の悩みをお話しやすい雰囲気づくりを心掛けています。スタッフ一同、同じ女性として、女性が毎日明るくそして気持ちよく過ごせるようになるお手伝いができればと願っています。


  膣のゆるみ、粘膜の乾燥、お湯漏れなど


加齢や出産によって、女性器には様々な変化が起こります。主なものとして、膣の萎縮、乾燥、ゆるみ、性交時の痛み、陰部の痛み(椅子に座った時)、腹圧性尿失禁などがその代表です。これらは、最近では「GSM」という疾患概念として定義されています。

『GSM』とは、Genitourinary syndrome of menopause の略です。
 ※ Genitourinary = 泌尿生殖器
 ※ syndrom = 症候群
 ※ menopause = 閉経(期)

日本語訳としては、『閉経関連泌尿生殖器症候群』と呼ばれています。GSMの治療にはさまざまな方法が提唱されており、局所ホルモン補充療法や運動療法、レーザーなどの治療法があります。みかこクリニックでは、最新のインティマレーザーにより、女性特有の悩みの改善にアプローチします。

インティマレーザーとは、加齢や出産によって膣が弛緩した状態を、エルビウムヤグレーザー搭載の『フォトナ』でレーザー照射し、正常な状態に近づける治療方法です。また、加齢やホルモン療法でホルモン量が低下して起こる膣粘膜の萎縮や乾燥の症状も、レーザー照射により膣粘膜が厚くなることで改善が期待できます。

上の写真がレーザー複合機『フォトナ」です。
下の模式図は、弛緩した状態のイメージです。

膣内に挿入した専用アプリケーターからレーザーを照射し、粘膜を60~65度に加熱することで、膣粘膜および筋膜のコラーゲンの再生、新生、増生を促進し、膣の収縮と若返りをはかります。

これが「Vタイトニング」(膣の引き締め)です。

フォトナによるVタイトニングは、膣の萎縮、乾燥、ゆるみ、性交時の痛み、陰部の痛み(椅子に座った時)といったお悩みに有効です。また、ホルモン療法で女性ホルモンが低下することにより出現する同様の外陰部症状の改善にも有効です。

※GSMについて、さらに詳しい院長コラムは⇒こちらをご覧ください。

 


 特に若い方へ(まずお読みください)


 

Vタイトニングをご希望の若い方には、
まずは『膣トレ』をお勧めします。

当クリニックでも、20代の方を中心に、若い患者様が「膣のタイトニング治療」を希望されるケースが増えています。

上述のように、みかこクリニックでは、レーザー複合機フォトナのインティマレーザーによる「膣のタイトニング治療」を行っていて、『Vタイトニング』という施術メニューになっています。『Vタイトニング』は、膣のゆるみ、粘膜の乾燥、お湯漏れの改善などに効果があります。

この『Vタイトニング』に、『尿漏れ治療』を加えたものが『Uタイトニング』です。尿漏れをレーザーで治療できるということは、まだ世間一般ではあまり知られていないため、尿漏れで悩んでおられる方が『Uタイトニング』のことを知ると、ほぼ即断即決で治療を受けて行かれますが、若い患者様の場合は、ほとんどの方が『Vタイトニング』を希望されます。


ここで、私(院長)から、
『膣のタイトニング治療』を希望される若い患者様に、
ぜひお伝えしておきたいことがあります。


それは、
『レーザー治療の前に、まず膣トレを!』
ということです。

インティマレーザーによる膣のタイトニング治療の料金は、クリニックによって大きな幅があります。みかこクリニックの『Vタイトニング』の料金は、平均的かやや安いかもしれません。それが最近『Vタイトニング』を希望される若い患者様が増加している理由なのかなと考えたりもしているのですが、安めとは言っても、「効かなくてもいいや」と試しに受けてみるような安い料金ではありません。特に若い方には、レーザー治療を受ける前に、まずは膣圧測定器と膣トレも行える『MIZ CURE』を購入してみることをお勧めします(アマゾンや楽天で購入できます)。若い方や出産経験のない方は、いきなりレーザー治療を受けるよりも、まずこれで膣トレを行っていただく方が効果的だと思います(コスパ的にも)。


上の写真がそれです。
もちろん、みかこクリニックでも導入しました。

一方、尿漏れ(腹圧性尿失禁)には、インティマレーザーが効きますので、悩んでいないで、早めに、フォトナのレーザー治療『Uタイトニング』を受けられることをお勧めしています。今のところ、尿漏れ治療に対する『Uタイトニング』を受けた患者様で、「効果が無かった」と言われた方はいらっしゃいません。出産や加齢による女性器の様々な症状は、膣トレのみでは改善できない場合も多く、早めにレーザーでの治療を開始した方が、早くQOLが上がりますし、長期的にみてもよいと思います。

以上のように、若い方が『Vタイトニング』のご相談に来られた場合には、私の方から積極的にインティマレーザー治療をお勧めすることはしていません。若い方の場合、膣を引き締めるための筋肉も間質組織も十分保たれている場合が多いはずですので、まずは、膣圧測定器購入&膣トレを開始して頂くほうが、断然、膣を引き締める効果は大きいと思うからです。

それでも不十分だと感じる場合には、インティマレーザーによる治療をご検討頂きたいと思いますので、カウンセリングをご予約の上、ご相談にお越しください。

なお、繰り返しになりますが、尿漏れで悩んでおられる方は、迷わず早めに『Uタイトニング』のご相談にお越しいただきたいと思います。


 Vタイトニングの効果について


膣の引き締め(ゆるみ改善)を主たる目的として『Vタイトニング』を受けられた患者様の中には、パートナーから「変化を感じない」と言われたことで、「効かなかった」と言われる患者様がいらっしゃるのは事実です。「ゆるみ改善」というのは主観的な感覚ですので、効果を実感する程度にも個人差があるのは否めません。できるだけ客観的な数値でもって効果を判定しようと、その方法のひとつとして膣圧計を導入したのですが、残念ながら、膣圧計は体位や測り方や体調によって誤差が出ることがあり、レーザー治療の効果判定の方法として確実な指標と言えるものではありません。

そもそも、インティマレーザーは、レーザーの熱作用によって組織のコラーゲン増生を起こし、内部組織が肉厚になったり、粘膜の乾燥が改善したりします。レーザー照射した直後から筋力によってキュッと締まるという変化を期待している方には、期待外れの効果に感じるかもしれません(もちろん、中には直後から筋力がキュッとする感覚を持たれる方もいらっしゃいます)。その意味では、即効性があるとは言えませんが、ジワジワとコラーゲン増生が進むことで、変化を感じられるようになると思います。あれだけの高エネルギーを照射するインティマレーザーで、全く変化がないということは、医学的には考えられません。2回3回と照射を継続しているうちに、気が付くとかなり膣が肉厚になっていたという方もおられます。膣を引き締めることを重視する患者様にとっては、即効性という点では物足りなさを感じられることもあるのかもしれませんが、決して効いていない訳ではありません。もし1回では効果が感じられないという患者様には、根気強く継続して治療を受けていただくことをお勧めします。


 料金/ご予約・お問い合わせ


Vタイトニングの施術料金は次の通りです。
(金額は税別です)

※小陰唇縮小術と同時施術で40%OFFになります。


【ご予約・お問い合わせ】

みかこクリニック
0586-82-7744

女性スタッフが対応いたします。