Vタイトニング (膣のアンチエイジング)

女性器の悩みには、色(色素沈着)、形(大きさや左右差)、ゆるみ、粘膜の乾燥など、様々なものがあります。また、加齢や出産により尿漏れや入浴後に膣からお湯が漏れるといった経験をお持ちの方もいらっしゃると思います。みかこクリニックでは、形態のお悩みは手術で、色やゆるみ、尿漏れなどの症状にはレーザーで対応が可能です。全て女性スタッフで対応し女性特有の悩みをお話しやすい雰囲気づくりを心掛けています。スタッフ一同、同じ女性として、女性が毎日明るくそして気持ちよく過ごせるようになるお手伝いができればと願っています。


  Vタイトニング(膣のゆるみ、粘膜の乾燥、お湯漏れなど)


加齢や出産によって、女性器には様々な変化が起こります。主なものとして、膣の萎縮、乾燥、ゆるみ、性交時の痛み、陰部の痛み(椅子に座った時)、腹圧性尿失禁などがその代表です。これらは、最近では「GSM」という疾患概念として定義されています。

『GSM』とは、Genitourinary syndrome of menopause の略です。
 ※ Genitourinary = 泌尿生殖器
 ※ syndrom = 症候群
 ※ menopause = 閉経(期)

日本語訳としては、『閉経関連泌尿生殖器症候群』と呼ばれています。GSMの治療にはさまざまな方法が提唱されており、局所ホルモン補充療法や運動療法、レーザーなどの治療法があります。みかこクリニックでは、最新のインティマレーザーにより、女性特有の悩みの改善にアプローチします。

インティマレーザーとは、加齢や出産によって膣が弛緩した状態を、エルビウムヤグレーザー搭載の『フォトナ』でレーザー照射し、正常な状態に近づける治療方法です。また、加齢やホルモン療法でホルモン量が低下して起こる膣粘膜の萎縮や乾燥の症状も、レーザー照射により膣粘膜が厚くなることで改善が期待できます。

上の写真がレーザー複合機『フォトナ」です。
下の模式図は、弛緩した状態のイメージです。

膣内に挿入した専用アプリケーターからレーザーを照射し、粘膜を60~65度に加熱することで、膣粘膜および筋膜のコラーゲンの再生、新生、増生を促進し、膣の収縮と若返りをはかります。

これが「Vタイトニング」(膣の引き締め)です。

フォトナによるVタイトニングは、膣の萎縮、乾燥、ゆるみ、性交時の痛み、陰部の痛み(椅子に座った時)といったお悩みに有効です。また、ホルモン療法で女性ホルモンが低下することにより出現する同様の外陰部症状の改善にも有効です。

※GSMについて、さらに詳しい院長コラムは⇒こちらをご覧ください。


 料金/ご予約・お問い合わせ


Vタイトニングの施術料金は次の通りです。
(金額は税別です)

Vタイトニング(膣にアンチエイジング)
 1回目       110,000円
 2回目      90,000円
 3回目以降 70,000円

【ご予約・お問い合わせ】
みかこクリニック
0586-82-7744

女性スタッフが対応いたします。