眼瞼下垂 ~手術後の経過写真~

以下では、写真掲載のご承諾を頂いた患者さんの手術例を数例ご紹介します。

 

1 先天性眼瞼下垂

 

最初にご紹介するのは、先天性眼瞼下垂の症例です。

写真掲載に同意してくださったのは、50代前半の患者さんです。

 

 

術後は手術から8カ月の写真です。

幼少時より右側の眼瞼下垂を自覚していたそうですが、ご両親も同様の目をしていらしたため、「生まれつきで遺伝だから仕方ない。」と諦めていたそうです。「まさか治療ができるなんて思っていなかった。形成外科も知らなかった。」とおっしゃっていました。

治療としては、先天性眼瞼下垂の右側には筋膜移植を行い、健側の左側は見た目のバランスを取る目的で余剰皮膚の切除を行いました。手術は約1時間半で終了し、日帰りも可能です。筋膜採取のための傷が大腿部に2か所入りますが、時間の経過とともに目立たなくなります。

 

治療を終えた患者さんからは、
「もっと早くやればよかった。知らなかったから・・・。」
という言葉が聞かれました。

ネット時代と言っても、多くの人が何でも自分で情報を集められるようになったのは、まだまだこの数年ぐらいのことだと思います。その意味では本当によい時代になってきていると思います(逆に言えば、医療者側からの情報発信がきわめて重要な時代になってきているということだと思います)。

 

 

 

2 後天性の眼瞼下垂(加齢によるもの)

 

次にご紹介するのは、2010年頃に行った手術ですが、当時70代前半の患者さんでした。
コンタクトレンズの使用歴などもなく、経過から加齢による腱膜性の眼瞼下垂と考えらえました。

手術では余剰皮膚の切除と腱膜固定を行いました。

 

 

術後はとても見やすくなったと喜んでいただけました。

手術は日帰りで可能ですが、術後は目にガーゼが当たり視界が悪くなるため、自分で運転して帰ることはお勧めできません。ご家族の運転などで帰っていただくか、公共交通機関を利用して頂いています。

 

 

 

3 後天性の眼瞼下垂(ハードコンタクトレンズの長時間使用によるもの)

 

後天性の眼瞼下垂は、若い人でも見受けられますので、次に若年者の方の症例をご紹介します。

写真掲載をご快諾頂いた患者さんは、30代後半の方です。

10代のころからハードコンタクトレンズの使用を開始。

眠る数時間以外はほぼ一日中装着しっぱなし、という生活を20年以上続けてこられたそうです。

 

手術の前は、前方が見にくいというだけでなく、常に眠たい感じがしていたそうです。

 

術後の写真はまだ2か月目のものなので、やや腫れぼったさが残っていますが、見にくいという症状や眠たい感じというのは全くなくなったとのことでした。

コンタクトレンズが近視の方にもたらしたメリットはとても大きなものがありましたが、このような弊害もあることが一般の方にも知られてきたのはこの10年くらいのことだと思います。コンタクトレンズのメリットも生かしつつ、眼瞼下垂のことも頭の隅に置いて使用できると理想的です。

ちなみに私も近眼ですが、普段は眼鏡で生活し、必要な場合だけ使い捨てのソフトコンタクトレンズを使用するようにしています。

 

 

4 眼瞼下垂手術後の経過(Aさん)

 

「眼瞼下垂の手術を受けた場合、術後にどのくらい腫れるのか?」というような、術後の経過が心配だという方は多いと思います。術後にどれぐらい腫れるかは、個人差もありますが、手術の方法が大きく影響すると思います。

そこで、私が行っている方法でどのくらい腫れるのか、実際に経過を見て頂こうと思います。

患者さんはハードコンタクトレンズ使用歴20年の50代半ばの女性です。

右の写真は術後1ヶ月目の状態です。まだ若干の腫れがが残っています。

腫れというよりはむくみ感と言った方が適切かもしれません。

このむくみ感が完全に消失するまでには、約3ヶ月かかります。

下の写真は手術翌日の状態です。
ベッド上に横になっている状態で写真を撮影したので、上の写真とは撮影の条件が異なります。

 

術後10日目、抜糸の日の状態です。

術後の経過としては標準的な経過ですが、術後2週間は腫れが目立つ期間だと思います。

いかがでしょうか。
この4枚の写真からだけでも、かなり具体的にイメージして頂けるのではないでしょうか。

さらに先日、この患者さんが術後3か月目の診察に来てくださいました。

下の写真が術後3か月後の状態になります。

術後3か月が経過すると、術後の腫れだけでなく、わずかな浮腫み感もほぼとれ、安定した状態となります。また、術後1か月目の受診では、まだツッパリ感があるとおっしゃっていましたが、術後3か月目の診察ではそのような自覚症状はなくなっていました。

眼瞼下垂の手術方法にも様々な方法がありますが、切る眼瞼下垂の手術の場合、完全に安定するには術後3か月を要するとお考えいただければと思います(注:ケロイド体質などがある場合には、術後半年近くかかる場合もあります)。

 

以前からこのブログでも記事にしていますが、私の眼瞼下垂の手術方法は信州大学形成外科の前教授(現名誉教授)の松尾清先生の方法を踏襲しています。松尾先生の方法では、瞼を挙げる筋肉が瞼につながる腱膜という部分の両側を切除します。眼瞼下垂の手術方法としては、眼科の先生方が多く行っている方法より根治的な分、手術の侵襲も大きくなります。その分、残念ながら腫れも強くなります。機能的には優れている方法で、長持ちする方法だと考えていますので、今度もこの方針で手術をおこなっていく予定です。

 

 

5 眼瞼下垂手術後の経過(Bさん)

 

もう少し腫れの少なかった患者さんの症例もご紹介します。

患者さんは70代後半の男性です。
視野の不良を自覚されており、夕方になるとさらに見えにくくなると言われていました。

術前と術後1か月の正面写真です。

下の写真は術後12日目の抜糸の時点での写真です。
腫れは9割以上引いているように思います。

前回の患者さんの経過写真と併せて見てみてください。
術後の腫れが引く早さには、個人差もあることがお分かりいただけると思います。

この患者さんは、「術後は夕方になっても視界が良好な状態になった」と、とても喜んでくださり、「免許更新の前にやっておけばよかった!」とも言われていました。また、鏡を見るたびに印象が若くなったことを実感するそうで、「これからまだまだ頑張ります!」と深々とお礼をおっしゃいながら帰って行かれました。

喜んで頂けて本当に嬉しかったです!