小陰唇縮小の手術 (美容婦人科治療)

みかこクリニックの「小陰唇縮小術」
形成外科専門医の女性院長が丁寧に対応します

みかこクリニック流の工夫で
仕上がりの綺麗さを追求しています


女性器の悩み
には、色(色素沈着)、形(大きさや左右差)、ゆるみ、粘膜の乾燥など、様々なものがあります。また、加齢や出産により尿漏れや入浴後に膣からお湯が漏れるといった経験をお持ちの方もいらっしゃると思います。みかこクリニックでは、形態のお悩みは手術で、色やゆるみ、尿漏れなどの症状にはレーザーで対応が可能です。全て女性スタッフで対応し女性特有の悩みをお話しやすい雰囲気づくりを心掛けています。スタッフ一同、同じ女性として、女性が毎日明るくそして気持ちよく過ごせるようになるお手伝いができればと願っています。


 小陰唇縮小の手術


小陰唇が大きいことで、下着の中で擦れて痛みや不快感を感じたり、コンプレックスになることがあります。手術(小陰唇縮小術)で小陰唇を切除して縮小することで、これらの悩みから解放されることができます。



 手術までの流れ


小陰唇縮小術について治療の流れをご紹介します。

【①カウンセリング】
減量したいボリュームや希望のデザインについて、院長と鏡を見ながら相談します。
スタッフは全員女性ですので、安心してご相談ください。

【②手術前にお願いしていること】
ご経験のある方には、手術2~3日前にIラインの剃毛をお願いしています。
手術当日はシャワーまたは入浴を済ませてご来院ください。

【③手術当日の流れ】
来院→医師と面談→費用事前精算→お着換え→医師とデザインの最終相談→クリーム麻酔(15分)→手術開始→手術終了→術後出血がないか30分程度経過観察→お着替え→帰宅

【④通院】
1回目  事前のカウンセリング
2回目  手術当日
3回目  手術翌日診察
4回目  術後10日前後で抜糸
※遠方の方で、カウンセリング当日の手術をご希望の方は、事前にご相談ください。
抜糸に来院できない方は、抜糸の不要な吸収糸での縫合も承ります。


 手術当日の流れ


【手術の具体的な流れ】
①クリーム麻酔(15分)
②注射による局所麻酔
③メスによる切開
④高周波電気メス(エルマン)による組織の切除と止血
⑤丁寧に縫合(中縫いの糸はPDSという吸収糸、外縫いの糸は非吸収性の6-0ナイロンを使用します。)

※抜糸に来院できない方は、吸収糸で縫合することも可能ですが、抜糸を行った方が早く快適になりますし、非吸収糸で縫合したほうが傷跡は若干綺麗だと考えています。
(糸について詳しくは⇒こちら)。


 ご注意点


【術後の生活や注意点・経過】
①術後は安静が重要(特に当日は安静に)です。
②当日の飲酒、入浴、運動は血腫の原因になるので禁止です。
③傷の処置はトイレのあとウオッシュレットで洗浄し、ワセリンを塗布していただきます。
④下着がワセリンや出血で汚れないように、生理用のナプキンを使用していただきます。
⑤性交は傷が開かないように3週間は控えてください。

 


 遠方にお住まいの方へのご案内


小陰唇縮小の手術は、遠方からの患者様も多く来られます。
そこで、遠方にお住まいの方から多いご質問を取り上げたいと思います。

【1】手術日も含めて何度か通院する必要がありますか?

事前にカウンセリングを受けていただくのが理想ですが、手術当日にカウンセリングから行うことも可能です。カウンセリングから手術までを同日にご希望される方は、ご予約の際にお申し出ください。この場合の手術予約金は、お振込みにてお願いいたします(下記【7】)。

 

【2】当日は日帰り手術で帰れますか?

翌日に診察を受けていただくのが安心ですが、お時間の都合で翌日の受診ができない方は、日帰りでの手術が可能です。日帰り手術をご希望の場合、午前中に手術を行い、術後はクリニック内で数時間休んでいただきます。夕方、血腫が無いことを確認してからのご帰宅となります(翌日の受診はありません)。術後の安静時には軽食をお取りいただくこともできます。ミニ冷蔵庫のご用意がありますので、近くのコンビニなどで軽食をご購入いただいてからご来院ください。

 

【3】手術翌日の診察を受ける場合はどうしたらいいですか?

血腫などの合併症に対応するためには、翌日の受診が望ましいですので、できれば翌日にも診察を受けていただくのが理想です。遠方にお住まいで、お時間にも余裕がある方は、手術当日は近くのホテルに宿泊していただき、翌朝の診察で問題がないことを確認してからお帰りいただいています。手術はホテルのチェックインに合わせた時刻に予定させていただきます。

 

【4】抜糸のための受診はどうしたらいいですか?

抜糸は術後7~10日前後で行いますが、抜糸のためご来院できない方には、抜糸が不要な吸収糸での縫合も可能です。料金は変わりません。しかし、傷の仕上がりの点からは、抜糸が必要なナイロン糸での縫合をお勧めしています。

 

【5】毛ぞりはどうしたらいいですか?

もし可能であれば、手術の2~3日前には、ご自身での毛ぞりをお願いしたいと思います。術後の清潔のためには、全体的に剃られても問題ありませんが、基本的にはIラインのみの剃毛で十分です。ご自身での毛ぞりが不安な方は、クリニックでスタッフが行いますのでご安心ください。

 

【6】手術当日のご注意点

(1)術後に入浴ができませんので、入浴を済ませてからご来院ください。

(2)生理用品をご持参ください。

(3)圧迫止血の為、ガードルをご持参いただくことが望ましいです。

 

【7】予約金は必要ですか?

みかこクリニックでは、手術予約金のとして5万円のご入金をお願いしています。当日キャンセル、無断キャンセルの場合は、予約金をキャンセル料とさせていただきますのでご了承ください。予約金は手術の5日前までにご入金をお願い致します。ご入金の確認が取れない場合はキャンセル扱いとなりますのでご注意ください。残金は手術当日のお支払いとなります。なお、遠方にお住まいの方にはお振込みをお願いすることになります。振込手数料については患者様でのご負担をお願いしていますが、振込手数料をご負担いただいた方には、ポイントカードに500ポイントを付与させていただいています。

 

【8】事前に資料をもらえますか?

ご希望の方には、事前に、手術の説明書・同意書と振込先のご案内や手術の事前準備などを記載した書類を郵送いたしますので、ご予約の際にお申し出ください。メールアドレスをお知らせいただいた患者様には、メールで書類をお送りすることも可能です。いずれにしても、情報を十分にご検討の上、ご納得、ご安心いただいてから、手術をお受けいただきたいと思っています。

【9】新幹線ではどうやって行けばいいですか?
名古屋駅で新幹線を降りたら、JRの乗り換え出口からJR東海道本線(下り)にお乗り換えください。快速なら1駅約10分です。普通でも約15分ですので、先に出る電車にお乗りください。



 みかこクリニックの小陰唇縮小術(手術の工夫)


形成外科医の特徴のひとつに、「人一倍、工夫が大好き」ということがあります。日々小さな工夫をしてみては、その成功や失敗に一喜一憂したりします。それぞれの形成外科医が、手術に関しても独自の工夫やこだわりを持っていて、それを日々アップデートさせることに喜びを感じるという人々の集団です。かくいう私もその一人で、『小陰唇縮小術』についても、私なりの工夫をこらしています。以下の工夫が、これから手術を検討されている方の安心材料になればと思います。

形成外科医同士の会話では、「切って縫うだけ」という表現が時々出てきます。この表現には、もちろんプロ同士の特有のニュアンスが含まれているわけですが、もし、小陰唇縮小術を行っているという医師の口から、この手術を『切って縫うだけ』と表現するのを聞いたとしたら、私なら、「すごく謙遜する先生だな」と感じるか、逆に、「本当はやってないんじゃないかな?」と疑問に感じることだろうと思います。確かに、小陰唇縮小術も「切って縫うだけ」には違いないのですが、この「切って縫うだけ」がなかなか簡単ではありません。

何が簡単ではないかと言いますと、まず、デザイン通りに切ることが難しい。小陰唇の切除部位はそもそも固定されていません。自由自在に動きやすく、また非常に柔らかい組織を、狙った通りの線で、しかも理想的な切り口(角度)で一定して切ることは簡単なことではありません。そこで、形成外科医が大好きな「工夫」です。まず、固定されていない組織を固定します。例えるのは適当ではないかもしれませんが、もっとも分かりやすいイメージとして、うなぎを焼くときの串打ちをご想像くさだい。

切除予定ラインに直交するように2~3本の針を通します。針を体に密着させるようにすると、小陰唇の組織が固定されます(針の先端は体に刺さらないようにスポンジで保護しています)。そして切り取る側の小陰唇の先端に、牽引用の絹糸を4~5本かけ、介助の看護師に牽引してもらい、メスを入れるのにちょうどよいテンション(緊張)をつくります。この状態でメスを入れると、一太刀、つまり一直線に切りたい部分に一定してメスを入れることが可能になります。

実際にメスを入れるのは、針を刺した切除予定ラインの5mmほど外側にします。楔形(V字の状態)に組織を切除することや、縫合するとやや縮小することなどから、出来上がりの希望ラインより5mmほど外側でメスを入れることにしているのです。その5mmの部分は、「縫いしろ」にもなります。予定の仕上がりラインに針が刺してあるので、予定以上に深く切り込むことも起こりません。つまり、切り過ぎということが起こらず、切除予定ライン通りに切ることができます。そして、メスは深く入れ過ぎないように、粘膜下血管網を切らない程度の深さで入れます。後は、高周波電気メスで止血しながら組織をV字に切除していきます。こうすることで、出血もあまりおこさずに、切除を終えることができます。

予定通り切除できた後は、再度、徹底的に止血して、縫合です。私の場合、吸収糸には5-0PDSと6-0PDSを使用しています。縫い残しがあると、その部分に空間が残り、血液が溜まりやすくなります。血液が溜まると、血腫になってしまいます。その縫い残しを防ぐため、自分の中で縫合の順番や位置も決めて縫っています。まず太い方の吸収糸の5-0PDSで大まかな空間を閉鎖したのち、創縁を6-0PDSでさらに合わせていきます。ナイロンでの表の縫合が必要ないくらいに縫うのが目標です。ちなみに皮膚縫合のナイロンは7-0ナイロンです。これは髪の毛より細い糸です。

こんな小さな工夫を積み重ねていくと、あっという間に手術の時間が1時間を超えてしまいます。よく「段取り八分」といいますが、手術もそれに通じるところがあって、実際にメスを入れるまでの準備がとても大事だと思っています。

一生に一度の手術です。
念には念を入れて、絶対に満足して頂けるよう、日々工夫を重ねています。

もし悩んでいらっしゃるなら、みかこクリニックにご相談ください。

 


 手術の料金


小陰唇縮小の手術の料金は次の通りです。
(金額は税別です)

片側 180,000円 / 両側 250,000円
※この他、術前検査料金(5,000円~15,000円)が必要となります。
※初診料3,000円(再診料1,000円)が別途かかります。
※事前にご予約金として50,000円をお預かりします。
※保護テープなどを自費購入(安価)していただくことがあります。
※その他、麻酔代などは頂戴していません。


 フォトナとのセット割引


小陰唇縮小と同時に、フォトナによる膣のタイトニング治療を希望された場合、割引制度があります。もともと痛みは少ないレーザー照射ではありますが、外陰部は小陰唇縮小術で麻酔が効いているので、さらに快適に治療がお受けいただけます。

・小陰唇縮小術と同時のVタイトニング
 (Vタイトニング:膣のアンチエイジング)
   110,000円 → 55,000円

・小陰唇縮小術と同時のUタイトニング
 (Uタイトニング:膣の引き締め+尿漏れ治療)
   120,000円 → 60,000円

(金額は税別です)


 ご予約・お問い合わせ


ご予約・お問い合わせは

みかこクリニック
0586-82-7744

お気軽にお問い合わせください。
女性スタッフが対応いたします。

みかこクリニックは一宮駅東口から徒歩1分。
名古屋駅・岐阜駅からも快速で約10分です!