薄毛(育毛)治療


薄毛の悩みは女性にとって深刻です

みかこクリニックが提案するのは重層的アプローチ
内と外からの両アプローチで育毛効果を狙います


 はじめに


女性にとって薄毛は深刻な悩みです。日々の診療でもご相談を受けることが多くなってきましたので、薄毛の治療を始めることにしました。実は、薄毛(育毛)治療については、いつか治療を始めたいと思い、開院直後から構想を温め続け、準備をしてきた分野なのですが、今回諸々の環境が整い、この治療を始動できることに、私自身も喜びを感じています。

最初に少しだけ、薄毛(育毛)治療に関する私の個人的意見を述べておきたいと思います。あくまでも私見ですが、薄毛(育毛)治療の核心部分は、『栄養の改善』だと私自身は考えています。高額な治療だけををいくら重ねても、発毛の原料となる栄養素がないことには、髪は生えてこないと思っています。ですので、みかこクリニックに薄毛(育毛)治療のご相談に来られた患者様には、必ず栄養療法からのアプローチも行っていただきます。

ですが、残念ですが、栄養を改善するだけで薄毛が改善できるかというと、それはそれで簡単ではありません。私も長く栄養には気を遣ってきましたが、産後の脱毛から完全に元の状態に戻ることはなく、栄養のみでの育毛に限界を感じています。そうなると、次はやはり外からのアプローチが必要になってきます。そこで、みかこクリニックがご提案するのが、レーザー治療やメソセラピーなどになります。

簡単にまとめますと、「発毛の最低限の必要条件として体の中の栄養状態を整えつつ、それと並行して、体の外からの薄毛治療を行う」という、内側と外側の両方からのアプローチが重要だというのが私の考えです。

みかこクリニックでは、内面からのアプローチとして『栄養療法』、外面からのアプローチとしてフォトナによるレーザー治療『ヘアレーズ』、『Dr.CYJヘアフィラー』を用いたメソセラピー、育毛剤の使用などをご提案します。



【1】栄養療法


内面的アプローチとして、『栄養療法』をご提案します。
薄毛(育毛)治療の初診時には、まず採血を行います。
検査結果を待って、栄養面に根本的に問題がないか確認します。

栄養改善の具体的な方法については、藤川先生の栄養療法をご紹介しますので、ご自身で栄養療法を行って頂くのが一番コストがかからない方法だと思います。


ご自身でサプリメント類を揃えるのが難しいという患者様には、クリニックからサプリメントの提案をさせて頂きます。

発毛専用のサプリメントとしては、
『MEGAMI(女髪)』の取り扱いがあります。




【2】フォトナ『ヘアレーズ』


ここからは外面的アプローチになります。
まずは、フォトナのエルビウムヤグレーザーを用いた発毛治療です。フォトナについては、様々な施術メニューをご紹介していますが、その中のひとつが、薄毛治療で育毛効果を発揮する『ヘアレーズ』という施術です。


フォトナ『ヘアレーズ』は、エルビウムヤグレーザーを頭皮に直接照射し、血流促進と組織の活性化により、育毛効果を発揮します。次のステップであるメソセラピー『Dr.CYJ ヘアフィラー』の前に照射し、ダブルでの血流改善・促進による発毛を狙います。


メーカーさんから提供いただいた資料写真をご紹介します。

 

私も『ヘアレーズ』照射を体験してみましたが、温かくて少しチクチク感じる程度で、全く辛くありませんでした。

フォトナ『ヘアレーズ』のみの施術でも効果を見込めると思うのですが、結果を早く出すために、みかこクリニックでは「メソセラピー」と組み合わせた施術を行います。フォトナ『ヘアレーズ』を照射して血行を良くしておいたところに、メソセラピー『Dr.CYJ ヘアフィラー』を注入することで、相乗効果を狙います。


 


【3】メソセラピー『DR.CYJ ヘアフィラー』


外面的アプローチ、続いては『メソセラピー』です。
用いる注入剤は『DR.CYJ ヘアフィラー』
世界初の毛髪用注入剤として業界では有名です。

髪の再成長、頭皮の再構築のために開発された特許取得済みのペプチド複合体が配合された毛髪用注入剤です。ヘアフィラーには、CAREGEN社が開発した7種類のハイブリットペプチドが含まれており、それぞれが以下の3つの働きのいずれかを担います。

①脱毛因子の阻害
②活性酸素による毛包・毛乳頭のアポトーシスの抑制、血管新生、血流の変化
③毛包形成に必要なプラコードの形成を誘発、毛乳頭形成を促進

ヘアフィラーの主成分は「ペプチド」。ペプチドとは、アミノ酸がつながったものです。一般に50以上のアミノ酸がつながると「タンパク質」と呼ばれますが、50未満のアミノ酸のつながったものは「ペプチド」と呼ばれます。

この注入剤のことを初めて知った時は、「どうしてアミノ酸がつながったペプチドを注入して、髪が生えてくるんだ??」と疑問しか有りませんでしたが、ヘアフィラーのペプチドは「機能性ペプチド」と言って、機能=ある働きをもつ特殊なペプチドなのだそうです。それによって多くの特許も取得されています。

下の図は、ヘアフィラーのメカニズムを説明した模式図です。
(メーカーさんから提供していただいた資料です)


細胞表面に4つの鍵穴が描かれているところにご注目ください。

簡単に説明すると、その細胞表面に存在する4つの鍵穴のうち、3つの「発毛を促す鍵穴」にヘアフィラーのペプチドが鍵として作用し、発毛を促します。また、残る1つの「脱毛を抑制する鍵穴」にもヘアフィラーのペプチドが鍵として作用し、脱毛を抑制します。

このように、ヘアフィラーのペプチドは本来の鍵の成分ではないのですが、鍵になる成分の代わりに鍵穴に作用する「機能」を持つので、「機能性ペプチド」と呼ばれているのです。

ペプチドは今注目の成分で、様々な機能を持つペプチドが開発されています。化粧品にも応用され、人気が出ています。なんだか「おおっ!」思ってしまう機能性ペプチドですが、実は、機能性ペプチドをそれだけで注入しても、あっという間に吸収されてしまって有効性が発揮されません。しかし、『DR.CYJ ヘアフィラー』では、「徐放性」と言って、徐々に成分が放出されることで、有効性が発揮されるように独自の開発・設計がなされています。

なお、『Dr.CYJ ヘアフィラー』を、『HaiJETA(ハイジェッタ)』という特殊な注入機械を使用して、一回の注射で一定量の薬剤を確実に注入していきます。



ヘアフィラーの多くの改善例を見て、また、産後の薄毛からこのヘアフィラーの注射で回復したという当クリニックスタッフの実際の体験談も聞いて、みかこクリニックでの『 Dr.CYJ ヘアフィラー 』導入を決めました。みかこクリニックに相談に来ていただいた患者様に、このヘアフィラーの効果を一人でも実感していただけるように、さらに施術の工夫を重ねていきたいと思います。

 


【4】育毛剤・シャンプーなど


外面的アプローチ、最後は育毛剤などです。

育毛に効果が高い『ペロバーム』(シャンプー・リンス・育毛剤)をご用意しています。みかこクリニックではすでに人気の製品です。


また、ミノキシジル配合の育毛剤『ドットヘア』もお勧めします。



 


 施術料金


 

  

 

※女性の患者様のみ対象です


【栄養療法】
採血 12,000円(税込13,200円)
(検査結果が出た後に下記の施術に進みます)


【Dr.CYJ ヘアフィラー】
※スタッフ施術です

フォトナ『ヘアレーズ』とのセット
1~10回目 1㏄ 45,000円(税込49,500円)
      2㏄ 68,000円(税込74,800円)
10回目以降 1㏄ 43,000円(税込48,300円)
                       2cc 65,000円(税込71,500円)

※4回目までは『ヘアレーズ』とのセットを推奨


ヘアフィラーのみ
1~10回目  1㏄ 35,000円(税込38,500円)
       2㏄ 58,000円(税込63,800円)
10回目以降  1㏄ 33,000円(税込36,300円)
       2cc 55,000円(税込60,500円)


【フォトナ『ヘアレーズ』】
※スタッフ施術です
※『ヘアフィラー』とセットの場合は
上記のセット料金に含まれます

『ヘアレーズ』のみ 15,000円(税込16,500円)



【育毛剤・シャンプーなど】 

『ペロバーム』
シャンプー・リンス 各3,500円(税込38,500円)
育毛ローション 9,000円(税込9,900円)
シャンプー・リンス(セット) 4,900円(税込5,390円)
シャンプー・リンス・育毛ローション(セット) 11,200円(税込12,320円)

『ドットヘアー』
育毛剤 9,600円(税込10,560円)

 

 


ご予約・お問い合わせ



みかこクリニック

0586-82-7744

思い立ったらお気軽にお問い合わせください。

形成外科専門医の女性院長が丁寧に対応いたします。
デリケートなご相談でも話しやすい環境作りを心掛けています。
全員女性のスタッフでお待ちしています。