二重まぶたの施術方法 ~ ビーズ法 ~

『埋没法』が人気の二重まぶたの施術ですが
『ビーズ法』もとても優れた施術方法です



 『ビーズ法』とは


現在最もポピュラーな方法は、やはり「埋没法」です。
術後の腫れなどのダウンタイムを考えると、手術で切開するのはハードルが高いと感じる方が多いというのがその理由だと思います。

では、「切る」以外の方法で、埋没法が最も優れているのかというと、どの方法にも必ず一長一短があるものです。

その一つが、通称「ビーズ法」(抜糸式重瞼術)です。

かつて「いちだクリニック」に勤務していた時から、師匠の市田正成先生のご指導を通じて、私もその良さを実感しています。

生まれつき二重の人は、二重のラインの皮膚と瞼の奥のほうにある挙筋腱膜の間に組織の連続性があります。目を開けると、挙筋腱膜が上方に引き上げられ、連続性のある二重のラインの皮膚も奥に引き込まれて二重になります。

下の写真は、市田先生の『スキル美容外科手術アトラス・眼瞼』よりお借りしました。


ビーズ法では、二重ができて欲しいラインに絹の糸を通して、糸を結びます。この時、糸が皮膚に食い込みすぎることを予防するため、絹糸にビーズを通してから結びます。そのままの状態を1週間持続させると、絹糸と周囲に異物反応による炎症反応と、抜糸後には絹糸のあったトンネルの修復のために線維化が起きることで、その繊維が生まれつきの二重まぶたと同じような重瞼線をつくります。つまり、ビーズ法では、生まれつきの二重に近い、生理的な二重ができ上がるということになります。埋没法に比べて重瞼線が消失する確率が低く、抜糸した跡も目立たないのがメリットです。

デメリットは、1週間も絹糸とビーズをつけて過ごさなければならないことです。前職の木沢記念病院に勤務していた間に、職員さんを対象にビーズ法を行っていた時期がありますが、目にビーズをつけたまま病院で働くということには部署によっては大きな無理があり、結局その後行わなくなりました。

市田先生の御著書によると、埋没法がマスコミで取り上げられてブームになるまでは、この「ビーズ法」が二重手術の確固たる地位を占めていたそうです。よりダウンタイムが少ない方法を時代が求めていたわけです。


 『ビーズ法』の良さ


みかこクリニックでは、二重まぶたのご相談を多くいただいています。
ほとんどの方が「埋没法」を希望されてご相談に来られます。

二重のご相談にいらっしゃた方には、当クリニックでの「埋没法」の施術方法、なぜその方法を行っているかの理由、施術後の経過などを詳しくご説明していますが、その説明の途中で、必ずご提案するのが『ビーズ法』です。

毎回のように、
「ビーズ法って、ほんっとうに、いいんですよ!!」
と、言っています。

繰り返しになりますが、『ビーズ法』は、本来生まれつき二重の方がもっている「二重のひきこみ」を作っている組織を、糸の瘢痕組織で形成する方法です。つまり、埋没法が『糸』という人工的で一時的なものに頼って二重を形成しているのに対し、ビーズ法では、生来二重の人と同じ構造を作成するという、生理的で半永久的な二重が形成されるわけです。

この『ビーズ法』は、15年ほど前に、私の師匠の市田正成先生に教えて頂いたのですが、初めてその手技を見た時は、非常に衝撃的で、目から鱗状態でした。市田先生は、「糸による埋没法にキャッチーなネーミングをつけられて、爆発的に埋没法が世の中で流行るまで、このビーズ法こそが二重手術の主流だったんだよ。」とも教えてくださいました。

糸による埋没法が出てきてから、ビーズ法が急速に主流でなくなったのは、ダウンタイムの問題です。通常、糸による埋没法が約1週間程度であるのに対し、ビーズ法は2週間は必要です。なにかと忙しい現代人にビーズ法が受けなくなったのは、ビーズ法自体の方法が悪いからではなく、より簡便な方法を世の中が求めていたからだと思われます。

でも、いいものは、いいのです。特に、糸による埋没法が取れてしまった方など、希望のラインが決まっている方が再挑戦する場合には、とてもお勧めの方法です。ダウンタイムOKで、取れない二重を皮膚に傷を作らずに作りたいという方は、ぜひ「ビーズ法」ご検討いただきたいと思います。

なお、『埋没法』については
>>>>  こちらのページをご覧ください。


 施術料金


『ビーズ法』の施術料金は
>>>>  『施術料金表』をご覧ください。

【ご予約/お問い合わせ】
みかこクリニック
0586-82-7744

思い立ったらお気軽にお問い合わせください。

みかこクリニックは一宮駅東口から徒歩1分。
名古屋駅・岐阜駅からも快速で約10分です!