『首のイボ取り』 ~ みかこクリニック流です ~

みかこクリニック流『首のイボ取り』は
ピコシュア × フォトナ
2つのレーザー治療機器を駆使します

首にできてしまう細かい無数のイボ
どうにか簡単に除去できないかとお悩みの方は多いと思います

みかこクリニック流『首のイボ取り』は
色素沈着を残しません!


『ピコシュア』と『フォトナ』
2つのレーザーの効果などを比較研究した結果を踏まえて、
お一人おひとりに最適なレーザー治療を行います。



 みかこクリニック流『首のイボの除去』


当クリニックの『首のイボ取り』の方法をご紹介する前に、現在一般的に行われている首のイボ取りについて、簡単にご紹介しておきます。

一般的に、皮膚科では液体窒素が用いられることが多く、形成外科ではCO2レーザーが用いられることが多いと思われます。あらゆる治療方法にはメリットとデメリットがありますが、液体窒素による方法のデメリットとしては、イボの取れ方が不確実であったり、施術の回数がかかるといったことがあります。他方、CO2レーザーでは確実にイボを除去することは可能ですが、施術後が擦り傷の状態になってヒリヒリするので、軟膏処置やガーゼ保護が必要になる、治った後に色素沈着が高い確率で出現するといったデメリットがあります。

ピコシュアやフォトナでのイボ取りですと、これらのデメリットがありません。
全く別次元の治療だと考えてよいと思います。

具体的な症例写真でご説明します。
モニターさんの首の右側をピコシュアで、左側をフォトナで施術しました。

まずは右側です。
【ピコシュア】で施術を行いました。

『ピコシュア』でのイボ取りについて言えるのは以下の点です。
非常に小さいイボ(イボとは呼べないレベルのブツブツ)の除去に最適です。照射後、イボが取れるまでの間も目立ちにくいのですが、反面、左上の写真のように、ある程度の大きさ以上のものは取れないということがあります。ちなみに、照射時の音が大きいので、患者様が驚かれるかもしれません。

ピコシュアでイボを取る場合、レーザーの先端を病変から少し離して照射する『中空照射』と呼ばれる手法が必要です。これが近すぎても遠すぎても、駄目なのです。最適な距離で安定して結果を出せるようになるまで、施術者としても少し慣れが必要です。実は、上の写真は最適な距離を探ってみたところ、1回目の施術では不十分なところが目立ち、初回施術から6日目に2回目のピコシュア施術を追加した結果です(それでも初回施術から3週間経過後の写真で、全く色素沈着が出ていないのが驚きです)。そして、写真左のように、1か所だけ取り切れなかったイボが残りましたが、そこはさらに『フォトナ』で施術を行いました。

次に左側です。
【フォトナ】で施術を行いました。

『フォトナ』でのイボ取りについて言えることは、ピコシュアでは取り切れない大きなイボでも確実に取れるということです。ピコシュアよりも痛みが少ないのもメリットです。デメリットとしては、照射後にイボが脱落するまでの期間、イボの色がピコシュアで照射した場合よりも濃くなるので、少し目立つということがあります。ただ、フォトナでの施術でも、色素沈着は全くありませんでした。

下の写真は、上と同じモニターさんの写真です。
ピコシュアとフォトナそれぞれ照射から2日後の状態です。
やはりフォトナの方がやや目立つ印象です。

以上の結果を踏まえて、
みかこクリニックでの『首のイボ取り』は
以下の方法で行うことにしています。

  

 

 

みかこクリニック流『首のイボ取り』
(料金は2回目も含みます)

【1回目】
小さいイボはピコシュアで除去
ピコシュアで取れないと判断したイボはフォトナで除去


【2回目】
1回目に取りきれなかったイボをフォトナで確実に除去

 

 


 施術例① (ピコシュアのみによる施術)


『ピコシュア』のみで「首のイボ取り」をした例をご紹介します。

施術後10日目の写真ですが、CO2レーザーでは必発といえる色素沈着が全く出ていません。治療のご経験のあるドクターや患者様にはこの素晴らしさがお分かりいただけると思いますが、これには軽く感動すら覚えました。

そして、もっと素晴らしいのがその治癒経過です。

通常、CO2レーザーでイボ取りをした後では、擦り傷になるので、ガーゼ保護や軟膏処置が必要になるのですが、ピコシュアで施術したあとは、まったく何も保護も必要ありませんでした。

CO2レーザーでの処置の場合は、もっと赤みが強かったり痒みが出たりするのですが、モニターの方によると何も感じることもなく、約1週間目にはかさぶたが取れて治っていたそうです。

このモニターの方のように、イボの盛り上がりが薄くて小さいサイズのイボの場合には、ピコシュアだけで取り切れることが多く、もう少しサイズが大きくて盛り上がりの大きいイボは、フォトナで除去することになります。フォトナでのイボ取りも、ピコシュアと同様、ガーゼ保護が必要ありません。


 施術例② (ピコシュア×フォトナ)


お写真の使用をご快諾いただいたのは、60代女性の患者様です。

初回の施術では、クリーム麻酔を行ったのち、小さなイボはピコシュアで、中くらいのイボはフォトナを用いて除去しました。数か所、ハサミでの処置を要するイボもありましたが、痛みは軽度で、クリーム麻酔で十分だったようです。

下の写真は、1回目の施術から約3週後の写真です。


1回目の施術から再来院の間に、日差しの強い海外の海辺のリゾート地にお出かけになっていたそうですが、色素沈着もなく、綺麗な状態です。一見、もう十分と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ここからが、私のこだわりでもある『みかこクリニック流』です。この写真撮影の後、フォトナを用いた2回目のイボ除去の施術を行いました。どうしても1回目の処置で見落としているイボもありますし、目に留まらなかったイボもあります。同時に、拡大鏡をしないと見落としそうな「イボ予備軍」まで、2回目の照射で徹底的にやっつけます。まさに『イボの目を摘む!』のです。こうすることで、今後新しいイボができるまでの時間を長く稼ぐことが可能になります。

この2回目のフォトナでのイボ除去の処置は、クリーム麻酔さえ不要です。患者様も「全然痛くない」とおっしゃっていました。そして、施術後のガーゼ保護も不要です。2回目に残っているイボは初回に目に留まらなかったレベルの小さなものばかりですので、照射後は小さな小さな黒いぽつぽつが約1週間で取れて、本当に完成です。

スカーフを巻いて隠すことも多かったという長年の悩みから解放された患者様からは、『本当にやってよかった!』というお言葉をいただくことができ、とてもうれしかったです。

みかこクリニック流『首のイボ取り』は、受けていただいた患者様の満足度が非常に高く、私(院長)としても自信を持っておススメしたい施術のひとつです。



 施術料金


『首』のイボ取りと言っても、実際は『首』の部分だけではなく、首の下の『デコルテ』ラインまでの全てのイボを除去することができます。そして、もし、その範囲に赤いポチっとした老人性血管腫もあれば、フォトナのヤグレーザーでついでに消しています。

料金設定は、『首のみ』、『首+デコルテ』の2プランがあります。

  

 

みかこクリニック流『首のイボ取り』

 【首のみ】 80,000円

 【首+デコルテ】 120,000円

   (金額は税抜です)

 

もちろん、『首のみ』の施術でも、老人性血管腫の処置も行います。通常のシャツを着た時に気になると思われる範囲は、十分にカバーできる設定だと思います。デコルテラインのイボを気にならない方は、首のみでも十分だと思います。


 ご予約/お問い合わせ


思い立ったらお気軽にお問い合わせください。
当日のご予約も大歓迎です。

みかこクリニック
0586-82-7744